ハウスクリーニング

ハウスクリーニングのプロがお風呂(浴室)クリーニングの手順について説明します

こんにちは!

江東区豊洲でハウスクリーニングをしているリセットの大野です。

今回は、お風呂(浴室)クリーニングの掃除手順についてご説明します。

実は、お風呂(浴室)には汚れの種類がたくさんあるから、結構大変なんです。

キッチンや換気扇は、酸性の油汚れがほとんどなので、アルカリ洗剤だけで対応できます。

でも、お風呂(浴室)は、住んでいる人全員が毎日使用する場所なので、汚れがたまりやすいし、以下のような汚れが付着します。

・湯垢:人の皮脂と石鹸カスが混ざったもの

・水垢:人の皮脂と石鹸等の脂肪酸と水中のカルシウムが結合したもの

・カビ:主に黒カビ

・ホコリ、髪の毛等

それぞれに適した洗剤を使って洗浄する必要があります。

しかもお風呂(浴室)の天井は掃除しずらいし、危険です。

また床をしゃがんで掃除するのも大変ですよね。

今回は、私自身が実践する手順についてご説明いたします。

 

ハウスクリーニングのプロが実践するお風呂(浴室)クリーニングの手順について

 

ハウスクリーニングのプロが実践するお風呂クリーニングの手順について

1.お風呂のクリーニング範囲

2.お風呂クリーニングにかかる時間

3.お風呂クリーニングの手順

4.どのくらいの頻度でお願いすればいいの?

5.料金相場について

6.どのような業者にお願いすればいいの?

7.予約方法

今回は、江東区豊洲でハウスクリーニングしている私が解説します。

 

 

1.お風呂(浴室)クリーニングの範囲

まず、お風呂(浴室)クリーニングの範囲についてご説明します。

ハウスクリーニングリセットの標準プランは以下の通りです。

・浴槽

・水栓

・排水口

・壁

・床

・天井

・ドア

・換気扇カバー

・鏡

 

ちなみに、注意すべき点は、お風呂(浴室)の標準プランでは以下の部分が含まれません

注意ポイント

・エプロン内部

・換気扇内部

・鏡のうろこ取り

・浴槽のフタ

・イス

もちろん、個別にお掃除することは可能です。

その場合は、オプション料金がかかります。

この辺は、ハウスクリーニングの会社によって異なりますので、事前にご確認していただいた方がいいと思います。

 

2.お風呂(浴室)クリーニングにかかる時間

ハウスクリーニングのプロにお願いしても、お風呂(浴室)の掃除は、2~3時間前後かかります。

内訳は、下記の通りです。

内訳

0.ご挨拶、道具搬入(10分)

1.養生(10分)→計20分

2.外せる部品のつけ置き(5分)→計25分

3.換気扇クリーニング(5分)→計30分

4.塩素系洗剤の吹き付け(5分)→計35分

5.バケツに漬け込んだパーツ類の洗浄(5分)→計40分

6.腰から上の天井や壁の洗浄(弱アルカリ性洗剤)(15分)→計55分

7.腰から下の浴槽、床、蛇口等の洗浄(弱アルカリ性洗剤)(20分)→計1時間15分

8.水洗い(5分)→計1時間20分

9.浴室の酸性洗浄。(20分)→計1時間40分

10.水洗い(5分)→計1時間45分

11.ひどい水垢の場合は、更にゴーストキラーで洗浄(10分)→計1時間55分

12.バケツに漬け込んだパーツ類を戻す(5分)→計2時間

13.乾拭き(10分)→計2時間10分

14.お客様に確認(5分)→計2時間15分

15.事後作業(10分)→計2時間25分

普通の汚れで2時間~2時間30分くらい。汚れがひどい場合は、3時間前後かかるときもあります。

 

3.お風呂(浴室)の掃除手順

 

~私たちが準備するもの~

養生シート、掃除機、バケツ、JH-S(酸性洗剤)、JH1(20倍希釈)、カビ取り用液体漂白剤、メラミンスポンジ、普通のスポンジ、ラストラーレスポンジ、2WAYブラシ、Jブラシ、1枚刃、プラスチックヘラ、ウエス、ジェイワイパー、長くつ、手袋、高圧洗浄機、ゴミ袋、排水口受け、スクイージー、洗車ブラシ、ゴミ袋、クイックルワイパー

 

step
ご挨拶、道具搬入

 

step
養生

周囲が汚れないように養生します。

(1)脱衣所を掃除機掛けする。

(2)養生シートを敷く。ドア周辺を養生する。

(3)養生シートに道具をそろえる。

(4)入口付近にウエスを敷く。

(5)お風呂の備品があれば外に出す。

 

step
外せる部品のつけ置き

バケツに塩素系漂白剤を入れて、外せる部品は全て外してバケツにつけ置きする。

・排水トラップ、浴室のキワ、浴槽の追い焚き入口、(エプロン下の部品)等

・換気扇カバー、フィルター

※代わりに排水口受けを置いておく

 

step
3
換気扇クリーニング

内側はブラシを使いながら掃除機掛けする。

ウエスにサッシへらを当てて細かい部分や隙間を拭く。その後全体を拭き上げる。

場所によってはブラシで洗浄する。

ちなみに、別の記事でプロが実施するお風呂(浴室)乾燥機の掃除手順を解説しています。

 

step
4
塩素系洗剤の吹き付け

カビに対してジェル状の塩素系洗剤を塗布する。汚れの状況によって2回実施

 

step
5
バケツに漬け込んだパーツ類の洗浄

ラストラーレスポンジを使いながら水洗いする。パーツ類を拭き上げ、乾かしておく。

 

step
6
腰から上の天井や壁の洗浄

(1)天井

1)シャンパーに弱アルカリ性洗剤をつけて天井に塗布。(垂れないように)

2)洗車ブラシで汚れを浮かす

3)水拭き

天井が高く、広い場合は、モップを使うと便利。

力の入りにくい部分はメラミンスポンジを使うと効果的。

 

(2)照明カバー

1)照明カバーを外し、弱アルカリ性洗剤を吹きかけ、ウエスで拭き取る。

2)照明カバーを戻す

 

(3)壁、窓

1)シャワーや高圧洗浄機を使い、塗布した塩素系洗剤を落とす。

2)洗車ブラシで磨く

3)リモコン等、細かい部分はブラシをあてる

 

(4)鏡

1)ネットスポンジに弱アルカリ性洗剤を使い洗浄

2)鏡と壁面の隙間は、ブラシで。

 

step
7
腰から下の浴槽、床、蛇口等の洗浄①

(1)浴槽

1)ネットスポンジで磨く(黒ずみがあれば、ラストラーレスポンジ)

2)止水栓はブラシで磨く。

3)チェーンはネットスポンジで磨く。

4)落ちない場合は、ラストラーレスポンジをあてる。

 

(2)蛇口、シャワーヘッド

ネットスポンジに弱アルカリ性洗剤を使い洗浄

 

(3)床

床は傷がつきにくい材質を使っているため、弱アルカリ性洗剤をつけて、全体的にステンレスブラシで磨く。

細かい汚れは、床ブラシやラストラーレスポンジで磨く。汚れが落ちると水をはじく。

 

(4)扉

1)全体的にアルカリ洗剤をスプレーする。

2)ガラス部分はステンレスブラシで磨く

アクリル板は傷がつきやすいので、力は不要。

3)扉のサッシ部分、通気口は、ブラシを使って洗浄する。

 

(5)排水口

ラストラーレスポンジ、ブラシで洗浄する。

 

step
8
水洗い

 

step
9
8の腰から下の浴槽、床、蛇口等の洗浄②

下記部分は水垢が強いため、酸性洗剤で洗浄する。

(1)扉全体、通気口、サッシ、正面のガラス

(2)取手、突起物

(3)浴槽の縁

(4)リモコン

(5)シャンプー台

(6)鏡

(7)蛇口、シャワーホース、シャワーヘッド、シャワーヘッドのホルダー部分

特に鏡は水垢がカルキと固着して結晶化する現象がおきます。

見た目が魚のうろこに似ているため「鏡のうろこ取り」をすることも多いです。

面倒なお風呂(浴室)の鏡のウロコ取りについて

 

step
10
水洗い

 

step
11
ゴーストキラーで洗浄

ここで、うっすらと白い膜が残っている部分は、炭酸カルシウムや酸化スケールではなく、シリカスケールの成分があると判断し、ゴーストキラーを塗布し、洗浄する。水洗いする。

特に黒いカウンターなどは、水垢が目立ちます。

お風呂(浴室)の黒いカウンターのクリーニングについてをご覧ください。

 

step
12
バケツに漬け込んだパーツ類を元に戻す。

 

 

step
13
乾拭き

 

 

step
14
お客様に確認

 

 

step
15
事後作業

(1)お風呂備品を戻す

(2)道具の片づけ

(3)掃除

全体を見渡し最終確認します。

養生シートなどを片付けて撤収となります。

 

4.どのくらいの頻度でお願いすればいいの?

それではお風呂(浴室)クリーニングは、どのくらいの頻度でプロにお願いすればいいのでしょうか。

普段お風呂(浴室)掃除している方であれば、年に1回でいいと思います。

私はお風呂(浴室)に入った後についでにお風呂掃除しているので、そんなに汚れません。

でも、普段お風呂(浴室)掃除していなければ、カビや水垢が発生しやすいので半年に1回程度依頼したほうがいいでしょう。

 

5.料金相場について

お風呂(浴室)クリーニングをプロにお願いした場合、いくらかかるでしょうか。

私の肌感覚では、平均1万5000円前後の料金だと思います。

2,3時間かかることが想定されるので、それくらいの金額が平均的です。

 

6.どのような業者にお願いすればいいの?

私がおすすめするのは、地元のハウスクリーニング業者がおすすめです。

メリットは、近場であれば何かあれば対応してくれる点があります。

例えば、急な依頼や色々な相談にも柔軟に対応できる点があります。

ちょっと遠方の業者の方だと依頼しづらい部分もありますよね。

 

7.お風呂(浴室)クリーニングの予約の方法について

(1)予約する前に事前に確認していただきたいこと

お風呂(浴室)クリーニングする日時の確認

できれば2,3候補があると助かります。

オプションの有無

お風呂クリーニングのオプションとしては、以下の通りです。

エプロン内洗浄(4,000円)

浴室換気扇(4,000円)

鏡のうろこ取り(3,000円)

浴槽のフタ(1,000円)

イス(500円)

 

駐車スペース

駐車スペースがないときは、近隣の駐車場をお借りします。

その場合は、実費精算とさせていただきます。

 

(2)予約方法は下記4つの方法があります。

LINE公式アカウントから予約

LINE公式アカウントから予約できます。友達登録して「予約したい」とご連絡ください!

 

 

電話(080-8841-0310)

メール(ohnoy@reset1.net)

ホームページの「ご予約」フォームから予約

 

いかがでしょうか。

今回は、お風呂(浴室)クリーニングの掃除範囲や時間、手順、頻度や業者の選び方、予約方法や注意点についてご説明しました。

このタイミングでお風呂周りの掃除をハウスクリーニングのプロに任せてみてはいかがでしょうか。

一度ハウスクリーニングに普段できないような天井や面倒なカビ、頑固な水垢汚れを落としてもらうのがおすすめです。

そして普段の掃除は、こまめにご自身でお掃除する方が楽ちんです!

ぜひお風呂(浴室)クリーニングはハウスクリーニング リセットにご依頼ください。

 

-ハウスクリーニング
-, , ,

© 2022 ハウスクリーニング、エアコンクリーニングは江東区豊洲のリセットにお任せください! Powered by AFFINGER5