ハウスクリーニング

エアコンクリーニングする必要がない場合もあります!

エアコンクリーニング

こんにちは!

東京都の江東区豊洲でハウスクリーニングをしているリセットの大野です。

今回は、エアコンクリーニングの色々な疑問や注意点についてご説明します。

よく聞かれるのが、

エアコンクリーニングする必要あるの

エアコンクリーニングのおすすめの時期は

エアコンクリーニングはどのくらいの頻度でお願いすればいいの

というような質問です。

最近は涼しくなってきたので、エアコンを使わない時もあると思います。

やっぱり夏場が一番エアコンを使う時期だから、夏場がいいんじゃないの?

と思われているかもしれません。

以下の順番で解説します。

 

ポイント

1.エアコンクリーニングする必要がない場合もあります!
2.エアコンクリーニングする最適な時期は?
3.エアコンクリーニングの頻度は?
4.エアコンクリーニングの注意点
5.エアコンクリーニングの実施手順

 

1.エアコンクリーニングする必要がない場合もあります!

まず、そもそもエアコンクリーニングする必要はあるのでしょうか?

結論から言うと、一般的な使い方のエアコンで、こまめに掃除しているのであれば、やる必要性はあまりないのかな

と思っています。

ハウスクリーニング業者なのに、身も蓋もありませんが、私はそう思っています。

私自身、ハウスクリーニング業界に入るまではエアコンクリーニングはしたことがありませんでした。

なぜなら、エアコンクリーニングしなくても支障がなかったからです。

 

もちろん、ハウスクリーニング業界に入り、エアコンクリーニングをする立場になって、実際にお客様のエアコンクリーニングをすると、カビやヘドロがエアコンに付着しているケースがほとんどです。

エアコンクリーニング後の汚水は、こんな感じです。

エアコン洗浄汚水

それを見たら、エアコンクリーニングの効果を感じますが、普段エアコン使っていても、全く必要性を感じませんよね。

だから、こまめに掃除している人や、普段から部屋がきれいな人は、エアコンクリーニングする必要性は、あまりないかな?と思います。

 

私が思うに、エアコンクリーニングする必要性がある場合は以下の通りです。

必要性がある場合

・エアコンのカビが気になる人、カビ臭いのがダメな場合

・喘息もちの方や、カビに対してアレルギー体質がある場合

・エアコンの埃がフィルターにびっしりついて、何年も掃除していない場合

 

エアコンにはカビが繁殖しやすい環境にあり、それを部屋中にまき散らすからです。

従って、それが気になる方。特にお子様や高齢者の方がいるご家庭の場合は、エアコンクリーニングしてもいいかもしれません

 

若い方でホコリやカビがあってもへっちゃらな人は、エアコンクリーニングは必要ないかもしれませんね。

 

また、エアコンクリーニングすれば、電気代が節約できるから、クリーニングを頼もうと考える方もいらっしゃるかもしれません。

でも、どれくらい節約できるのでしょうか?

業者にお願いするだけで1万円前後はかかると思います。

もし、本当に電気代の節約を考えるのであれば、エアコンクリーニングをご自身で実施する方が、よっぽど節約になりますよね。

 

2.エアコンクリーニングする最適な時期は?

結論から言うと、10月~11月4月~5月がベストだと思います。

理由は、その時期はエアコンを使わない時期だからです。

なぜ、エアコンを使わない時期がいいかというと、色々な業者の方を選べるし、早く来てもらえるからです。

例えば、7月、8月のエアコンを使っている時期だと、エアコンクリーニング業者もスケジュールがパンパンです。

1日5件回っている強者もいます。

そうなると、予約が取れても、エアコンクリーニングが1週間後や2週間後になることも多いです。

また、希望する業者の方の予約が取れないため、別の業者にお願いしないといけないこともあります。

そして、1番のリスクとしては、10年前後使っているエアコンをクリーニングすると、たまにエアコンが故障することがあります

そうなると、1番エアコンを使いたいときに使えないことになりかねません

7月、8月に新しいエアコンを購入したとしても、取り付け工事に1週間前後かかる場合もあるので、結局使いたいときに使えないことがあるのです。

従って、エアコンを使わない時期の10月~11月、4月~5月がベストだと思います。

 

3.エアコンクリーニングの頻度は?

最初に説明したとおり、汚れの度合いがひどい場合やカビの臭いが気になる方は、その都度クリーニングしたほうがいいと思います。

目安としては、2,3年に1回くらいでしょうか。

毎年はしなくてもいいと思います。

 

4.エアコンクリーニングの注意点

エアコンクリーニングする際に以下の注意点があります。

・10年前後のエアコンは故障する可能性があります。

これは先程ご説明したとおりです。

 

・購入後5年以上経過しているエアコンの場合、プラスチック製の部品は、硬化しているケースがあります。

部品を解体している際に、「ポキっ」と折れる場合があります。

私も、何度か経験があるのですが、「ポキっ」と折れた場合は、焦ります。

その場合は、お客様に正直にご説明して、接着剤等でくっつけて対応します。

 

・エアコンのクリーニングに時間がかかることがあります。

例えば、エアコンを分解するときに、どうしても固くて部品を分解できない場合があります。

上記の通り、プラスチック製なので、壊れないように、力をかけずに分解するため、時間がかかります

また、汚れがひどい場合は、何度か洗浄を繰り返すことがあります

特に、自然に優しいエコ洗剤を使っている場合は、なかなか汚れが落ちません

あまりにも汚れがひどい場合は、塩素系の洗剤を使わないと汚れが落ちないケースがあるからです。

そのような場合は、しっかりと水洗いをしなければなりません。

結局、想定以上の時間がかかってしまいます。

その場合は、お客様にご説明しながら、クリーニングします。

 

5.エアコンクリーニングの実施手順について

私たちは、以下の手順でエアコンクリーニングを実施します。

 

step
1
事前点検

(1)据え付け状況・周辺状況、機種を確認します。

(2)エアコンの運転状況を確認します。

特に、音や臭い、温度についてチェックします。

 

step
2
作業段取り

作業スペースを確保します。

 

step
3
床面、家具等の養生

濡れないように養生します。

 

step
4
エアコン分解

エアコン分解

 

step
5
前面パネル、フィルターの洗浄

エアコン前面パネル

 

step
6
フィンの埃除去

 

step
7
電装部の防水

電装部に水が入らないように養生します。

 

step
8
洗浄シートカバー装着

エアコン養生

 

step
9
ドレン受け設置

洗浄シートカバーのドレンをバケツで受けます。

 

step
10
洗浄液の調合

洗剤を薄めます。

 

step
11
洗浄(洗浄液の噴霧)

洗浄液をエアコンに噴霧します。

 

step
12
水洗い

エアコン洗浄

高圧洗浄機で洗浄します。

 

step
13
防臭、防カビ処理

主に消臭剤を噴霧します。

 

step
15
養生取り外し

 

step
16
仕上げ(試運転と清掃)

この時点で、一度試運転を行い、エアコンが動作するか確認します。

また、汚れている部分があれば、ウエスで拭き取ります。

 

step
17
エアコン器具の戻し

分解前に戻します。

 

step
18
動作確認

お客様と一緒に動作確認します。

 

step
19
後片付け

 

このような手順でエアコンクリーニングを行います。

ちなみに、エアコンクリーニングのbefore/afterになります。

 

before

エアコン洗浄前①

 

after

エアコン洗浄後①

 

 

 

before

エアコン洗浄前②

 

after

エアコン洗浄後②

 

 

 

before

エアコン洗浄前③

 

after

エアコン洗浄後③

 

 

 

いかがでしょうか。

今回は、エアコンクリーニングする必要がない場合と必要がある場合をご説明しました。

また、適切な時期や、クリーニングする頻度、注意点についても解説しました。

最後に、私たちが実施する手順をご説明しました。

まずは自分でできる範囲でクリーニングしてみて、それでも気になるのであればプロの業者に依頼してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

-ハウスクリーニング
-,

© 2021 江東区豊洲のハウスクリーニングはリセットにお任せください! Powered by AFFINGER5